タッカーや封函機、ステープル、連結釘、Gペンなどペン先の製造メーカー、立川ピン製作所。

株式会社立川ピン製作所

TOP ⁄  拠点紹介 ⁄  三重工場紹介

三重工場紹介

三重工場長 ごあいさつ

「お客様が使う姿」を常に思い描きながら、日々、さまざまな製品をつくり続けています。ご存知のとおり、タチカワの製品は、ペン先から工業用ステープルまで多種多様。そのすべてに独自の工夫を盛り込んでいますので、製造スタッフは常に勉強の連続です。

時代がどれだけグローバル化しても、変わらないのは、経験豊富な人の目による品質チェックと、どうしても機械や海外の方にはできない人の手による加工です。私どもの工場は、そのどちらもが高いレベルであると自負しております。

例えば、ペン先。割れている部分にインクがちょうど良い充填量になるように、ミクロの世界の割り込みに挑んでいます。この作業そのものは機械の動力も使いますが、どうしても人の手が必要なのは、刃のセッティング。毎日、研ぎの職人がルーペ越しに刃を研ぎ澄ますことで、初めて加工が可能になります。

また、加工前のペン先を機械に差し込むのは人の手で行います。ちょっとでもズレると、使い物にならないペン先になってしまうため、こちらも熟練を要する作業です。これらのミクロの世界や熟練を要する作業を経て生まれたペン先ですから、チェックも同じく熟練を要します。何百、何千というペン先をチェックできる目を持つスタッフはそうはいないと思います。

同じく、連結釘や工業用のステープルも、機械が製造しているように見えますが、その機械を必要に応じて微調整し、最適にセッティングするのは人の目と手によるもの。写真ではお見せすることができませんが、ステープルを曲げたり梱包できるように組んだりするのは、私ども独自の工夫で、自作のものも多々あります。

そんな過程を経て生み出されるタチカワの製品たちには、どこか人間味といいますか、職人の息吹のようなものが感じられるかと思います。ただ単に高品質なだけではなく、もしも、それらの製品を手にした時に「おっ!」と思っていただけるとしたら、それは「人」が介在しているからだと私は思います。ただただ、お客様のために。タチカワはこれからも、高い次元を目指したモノづくりを行っていきます。

執行役員 工場長 森井 秀実

タチカワグループの品質を生む三重工場

三重工場

株式会社立川ピン製作所の製品は、三重工場から生まれています。1935年創業以来、こだわりつづけたお客様の求める商品をつくりつづけるため、常に研鑽を続けてまいりました。

現在、どのメーカーも海外での材料調達や加工を行うことが一般的になっており、私たちもその流れとは無縁ではありません。しかし、日本のモノづくりとは何か、お客様が求めるタチカワの品質とは何かを常に問い続け、可能な限り、日本での作業にこだわってモノづくりを行っています。
例えば、ペン先の割り込などは、ミクロの精度での仕上がりが求められます。割り込むための刃は、職人が毎日手で削りだすことで品質を生み出しています。その他、ステープルやねじなども、品質維持のための要所要所の作業は日本で行っています。

私たちが常に思い浮かべているのは、お客様の姿。作業中にどのようなことを求められているか、チャンスがあればヒアリングし、いつも思いを馳せて製造しています。作業を終えたときに、笑顔になれますように。それは、私たちが創業時から持ち続けている思いでもあります。

使用される方、使用された方、双方が笑顔になれるように、今日も、私たちはプレス加工技術を用いて、社会に貢献する企業でありたいとベストを尽くしています。

  • 三重工場内部
  • ペン先の割り込み。人の手でしかできない作業
  • 細かいメンテナンスを定期的に行っています。
  • 広いストックヤードも完備
  • 三重工場の特徴は、チームワーク
  • 経験豊富なスタッフがすべて検品しています
ページの先頭へ