タッカーや封函機、ステープル、連結釘、Gペンなどペン先の製造メーカー、立川ピン製作所。

株式会社立川ピン製作所

HOME ファスニング事業部

安全作業のために

安全作業のために

タッカや釘打機は、ステープル(釘)を木材または、類似の材料に打ち込むことを目的とした空気工具です。指定外の用途、使用方法は思わぬ事故を伴います。この取扱説明書に従い正しい取扱いで安全作業をしてください。また、お子様や正しい操作の出来ない人を作業場所に近づけたり触らせないでください。

作業前

【警告】保護メガネは必ず着用する

safety_fig1

ステープル(釘)打ち作業をするとき排気圧などで粉塵が舞い上ったり打ち損じたステープル(釘)がはね返り、万一目に入ると危険です。必ず保護メガネを着用してください。
保護メガネはお買いあげ店または弊社営業所でお買い求めください。

【警告】防音保護具を着用する

safety_fig2

ステープル(釘)打ち作業をするとき、排気圧や排気音から耳を守るため、耳栓等の保護具を着用してください。

【警告】各部ネジの締め付けを点検する

safety_fig3

各部ネジの締め付けが緩んでいたり、抜けていたり、その他部品がはずれたり、傷んだりの不完全なまま使うと事故や破損の原因になります。使用前に必ず点検してください。

【警告】圧縮空気(コンプレッサ)以外は使用しない

safety_fig4

タッカや釘打機は圧縮空気を動力源とする工具です。圧縮空気以外の高圧ガス類(例:酵素、アセチレン、プロパン等)を使うと爆発などの危険があります。絶対に使用しないでください。

【警告】エアホースの接続

safety_fig5

タッカや釘打機には安全装置が装備されておりません。トリガーを引くだけでステープル(釘)が発射します。危険ですからトリガーに指をかけたり射出口は絶対に人体に向けないでください。
ホース接続はプラグキャップをはずしエアチャックの外輪を引きながらプラグ側に押し確実に接続してください。

【警告】注油する

safety_fig6

使用前にエアプラグより、付属のオイルを2〜3滴注油してください。内部に油が回り性能が維持されます。オイルは指定JIS1号#90(ISOVG32)タービン油をお使いください。

【警告】指定のステープル(釘)を使用する

指定ステープル(釘)と異なるものを使うと、タッカや釘打機故障の原因となるばかりか大変危険です。必ず指定ステープル(釘)をお使いください。

作業中

【警告】使用空気圧0.7MPa以下で使う

safety_fig8

タッカや釘打機の使用圧力範囲は0.4〜0.7MPaです。打ち込み対象物により、圧力調整してください。また、いかなる場合でも0.7MPaを超えての使用はタッカや釘打機の破損の原因となり危険です。

【警告】射出口を絶対に人体に向けない

safety_fig9

射出口を人に向け、誤って発射した場合に思いがけぬ事故につながります。また射出口付近に、手、足等を近づけての作業は危険です。同時に打ち損じたステープル(釘)が当たらぬよう、作業中は周囲の人にも充分注意してください。

【警告】トリガーに指をかけてタッカや釘打機を移動しない

safety_fig10

タッカや釘打機にエアチャック(ホース)を接続したまま、トリガーに指をかけ持ち歩いたり、手渡したり、また、ホースをつかんでの移動など、誤って発射した場合には思いがけぬ事故につながります。移動する際は、必ずエアチャックをはずしてください。

【警告】射出口は確実に対象物に当てる

safety_fig11

射出口を確実に対象物に当てないと、ステープル(釘)が完全に打ち込まれなかったり、木の節などに当った場合、機体が反発することがあります。また、ステープル(釘)がはねたり、それたりして危険です。射出口は確実に対象物に押し当ててください。

【警告】揮発性可燃物のそばで使用しない

safety_fig12

揮発性可燃物(例:ガソリン、シンナー、接着剤等)の近くで使用しないでください。ステープル(釘)打ち込み時に火花が飛ぶことがあり、引火、爆発の恐れがあり危険です。

【警告】角打ちや、向い合っての作業はしない

safety_fig13

内、外壁等の、向い合っての同時作業は危険です。絶対にしないでください。また木材の端や薄い板角を打つときステープル(釘)が抜けたり、打ち込み位置がそれて発射されることがあります。身体の一部や周囲の人に注意をはらってください。

【警告】作業中断時はエアチャックをはずす

safety_fig14

作業中のステープル(釘)装填や、調整、ステープルづまりを直す場合には、必ずエアチャック(ホース)をはずしてください。

【警告】異常を感じたら絶対に使用しない

safety_fig15

作業中にタッカや釘打機の調子が悪かったり、異常に気が付いた場合は、ただちに使用を中止し、お買い上げ店または弊社に点検修理に出してください。

【注意】作業場所に注意する

  

safety_fig16

●高所での足場を使っての、作業等はステープル(釘)打ちに支障のないよう足場を充分確認してください。
●エアホースは作業箇所の近くに固定し、不用意に引っぱられたり、引っかかったりした時の危険を防止してください。
●傾斜面に打つ場合は下から上に向かって打つようにしてください。足の踏みはずしが防げます。
●壁などの垂直面の作業は、上から下へ打つと疲れの少ない作業が出来ます。
●水平面でのステープル(釘)打ちは、前進しながら作業してください。安全で疲れも少なく能率的な作業が出来ます。
●整理、整頓は安全の第一歩です。作業場所は常にきちんとしてください。また必要に応じてヘルメット安全靴等の防具を着用してください。

【注意】直射日光をさける

safety_fig17

タッカや釘打機、エアコンプレッサ、エアセットは直射日光に長時間あてたままで放置すると、故障の原因ともなります。エアコンプレッサは出来るだけ風通しのよい、日陰に設置してお使いください。

作業終了時

【警告】作業後はエアチャックをはずしステープル(釘)を抜き取る

safety_fig18

作業終了時には必ずエアチャックをはずしてください。
またタッカや釘打機内に残ったステープル(釘)を抜き取ってください。後でうっかり手をふれたり、エアチャックをつないだ場合ステープル(釘)が発射し思わぬ事故につながります。

【注意】水抜きをする

safety_fig19

作業終了時はタッカや釘打機のプラグ側を下にして、充分水抜きした後にエアプラグから注油してください。機体内部のサビ等を防ぎ性能が維持されます。エアセットやエアコンプレッサに水がたまると能力低下や故障の原因となりますので作業終了時には必ず水抜をしてください。なお、詳細はエアセット、エアコンプレッサの取扱説明書をお読みください。

【注意】プラグキャップを装着する

safety_fig20

タッカや釘打機の内部に、ごみやほこりが入らないよう、使用しないときは必ずプラグキャップを装着してください。

使用方法

【警告】使用方法を理解した後でエアチャックを接続する

【注意】ステープル(釘)装填のときは必ずエアチャックをはずす

safety_fig21

●ステープル(釘)の打ち方
タッカや釘打機はトリガーを引くだけでステープル(釘)が発射されます。射出口は絶対に人体に向けないでください。打ち込み位置に射出口を押し当てトリガーを引いてください。

【警告】必ずエアチャックをはずす

safety_fig22

1.ストップレバーを押し、レールユニットを後方にスライドさせ、マガジンを開きステープル(釘)を取り出す。
2.タッカや釘打機を安定した台に置き射出口につまったステープル(釘)をドライバー等で取り除く。
3.使用方法の説明にそって、ステープル(釘)をマガジンに入れレールユニットをセットしてください。

配管について

【警告】動力源はエアコンプレッサ

safety_fig23

●動力源はエアコンプレッサをお使いください。高圧ガス(例:酸素、アセチレン、プロパン等)は絶対に使わないでください。
●エアホースで配管する場合ホース内径は6.5mm以上を使用しホース長さは30m以内にしてください。圧力降下の原因になります。
●エアセット(エアフィルタ、レギュレータ、オイラ)はできるだけタッカや釘打機1台に1セット取付けるようにし、エアセットからタッカや釘打機の間は長さ5m以内でお使いください。

ページの先頭へ